【スポンサーリンク】

レイカーズとネッツがカイリー・アービングとラッセル・ウェストブルックのトレード交渉

レイカーズとネッツがカイリー・アービングとラッセル・ウェストブルックのトレード交渉

NBAスターのカイリー・アービングは先日、来季のプレイヤーオプションを行使した。

これによりブルックリン・ネッツはアービングとケビン・デュラント、ベン・シモンズを中心としたチームとして戦うと見られていたが、デュラントがトレードを要求したことで事態は一変。

アービングはネッツ残留を望まず、他のNBAチームへのトレードを求めていると報じられている。

そんな中、アービング獲得を切望していると見られるロサンゼルス・レイカーズがネッツをトレードの交渉を行っていると報じられた。

sports.yahoo.comによると、レイカーズはラッセル・ウェストブルックをトレード要員とし、ネッツと活発に交渉しているという。

ウェストブルックの来季の契約は4700万ドルであるのに対し、アービングの来季の契約は3650万ドル。

ネッツはウェストブルックのサラリーにマッチするために資産を追加しなければならないが、ネッツがジョー・ハリスをプラスすることを望んでいる一方で、レイカーズは昨季の大半を怪我で欠場したハリスではなく、セス・カリーを望んでいると報じられている。

ネッツが現在注力しているのは、デュラントのトレードだ。

そのためアービングのトレードについては急いでいないと報じられており、ネッツとレイカーズ間のトレード交渉は今後しばらく続くことになるだろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    これは飛ばしくさいなぁ
    だってレイカーズからしたら西ブル放出でカイリー取れるだけでもありがたいのに
    ハリスじゃなくてセスがいいなんてそんな贅沢なこと流石に言わないと思う

  2. By 匿名

    もし成立してKDも出て行ったら
    BKNでブルとシモンズかあ
    …弱い

*

CAPTCHA