【スポンサーリンク】

カイル・ラウリー「家族の問題はまだ解決していない」

カイル・ラウリー「家族の問題はまだ解決していない」

元NBAオールスターポイントガードのカイル・ラウリーは、昨年夏のサイン&トレードでトロント・ラプターズからマイアミ・ヒートに移籍した。

ラウリーには親友ジミー・バトラーとともにヒートにNBAタイトルをもたらす働きが期待されていたものの、シーズンを通して安定したパフォーマンスを見せることができず、ヒートもNBAプレイオフ・カンファレンスファイナルで敗退した。

ラウリーによると、家族の問題が今も続いており、それが昨季のラウリーに影響を及ぼしたという。ラウリーのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

(家族の問題によって)昨季を通して明らかに軌道から外れてしまった。

長い間それが続いている。

今もだ。

今も毎日対処している。

その件でさっきも電話がかかってきたところだ。

人生だ。

人生ではいろんなことが起こる。

成長し続け、コントロールできることに集中し、できる限り最善を尽くさなければならない。

結局のところ、僕ひとりであれやこれをやることはできないからね。

僕にできるのは、僕を助けることができる人々のところに行くことだ。

僕も彼らを助けたいし、一緒に仕事をしたり、協力できたらと思う。

ラウリーは1月と2月に9試合を欠場したが、これも家族の問題によるものだったという。

問題の詳細については明かさなかったが、ラウリーが苦しい思いをしているのは間違いないだろう。

家族の問題が平穏に解決し、ラウリーが来季に集中できることを祈りたいところだ。

なお、ラウリーの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数631023
平均出場時間33.931.9
平均得点13.414.8
平均リバウンド4.54.4
平均アシスト7.56.3
平均スティール1.11.3
平均ターンオーバー2.72.4
FG成功率44.0%42.5%
3P成功率37.7%36.8%
フリースロー成功率85.1%81.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA