【スポンサーリンク】

ステフィン・カリーがケビン・デュラントとの再結集について「ためらいはなかった」

ステフィン・カリーがケビン・デュラントとの再結集について「ためらいはなかった」

NBAオールスターのケビン・デュラントがブルックリン・ネッツにトレードを要求した時、多くのNBAチームがデュラント獲得に向けて動き始めた。

昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズのそのうちの1チームだ。

では、ウォリアーズがデュラント獲得を狙うと報じられた時、ウォリアーズの選手たちはどう感じたのだろうか?

昨季ファイナルMVPのステフィン・カリーによると、デュラントとウォリアーズで再結集することに嫌な気持ちは一切なかったという。カリーのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

(デュラントとの再結集について)決してためらいはなかった。

KDと一緒にプレイするというアイディア。

人としての彼を知っているし、僕たちには3年の歴史がある。

KDは本当に良い男だと思うよ。

彼は誤解されているんじゃないかな。

彼の人生の中で、周囲の人々を信頼できなくなるようなことがあったのだと思う。

彼と一緒にプレイし、彼を知ることにより、僕もそういったことすべてを理解できると思うんだ。

僕は彼が大好きだよ。

カリーによると、デュラントのトレード要求報道が出た後、ウォリアーズのフロントオフィスは実際にデュラント獲得を検討し始め、カリーにデュラントとの再結集についての考えを聞いたという。

とはいえ、もしウォリアーズがデュラントを獲得する場合、多くの若手有望株をトレード要員として放出しなければならなかっただろう。

デュラントのウォリアーズへの移籍は叶わなかったが、カリーは今いるチームメイトたちとともに全力をつくし、NBA連覇を狙うに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA