【スポンサーリンク】

ドワイト・ハワードがシャキール・オニールに「なぜ僕を嫌う?」

ドワイト・ハワードがシャキール・オニールに「なぜ僕を嫌う?」

NBAレジェンドのシャキール・オニールは、ドワイト・ハワードを何年も批判し続けている。

先日はハワードについて「彼らは殿堂入りするレベルの選手ではない」と指摘し、話題を集めたオニール。

一方、ハワードによると、なぜオニールが彼を批判し続けているのか分からないという。

元NBA選手のマット・バーンズとスティーブン・ジャクソンのポッドキャストにゲスト出演したハワードは、オニールとの関係について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕がシャックに何か問題を感じたことは一度もない。

シャックのようになりたいと思ったことは一度もないが、シャックがやることを楽しんで見ているよ。

彼は史上最も支配力があった選手だ。

シャックのように支配した選手はひとりもいない。

なぜ彼は僕を嫌うんだ?

彼は彼の足跡を追おうとしている選手がいることを喜ぶべきだ。

僕は彼と一緒にワークアウトし、ビジネスをするたために、彼に接触したことがある。

僕はシャックに対して悪い感情を持っていないからね。

だが、僕と彼の間には常に何かがあるようだ。

僕は昨季、殿堂入りについて話をした。

彼は「レイカーズの試合は見ない」と言った。

彼は今季、レイカーズの試合を見るだろう。

僕はそれに賭けるよ。

なぜなら、僕はもういないからね。

オニールがハワードを嫌うようになった要因のひとつとして挙がっているのが、ハワードがオニールの称号「スーパーマン」を使ったことだ。

だが、オニールがこれほど長くハワードを批判し続けているのには、他にも理由があるからなのかもしれない。

果たしてハワードとオニールが良好な関係を築く日は来るのだろうか?

なお、ハワードとオニールとNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

D・ハワードS・オニール
出場試合数12421207
平均出場時間31.834.7
平均得点15.723.7
平均リバウンド11.810.9
平均アシスト1.32.5
平均スティール0.90.6
平均ブロックショット1.82.3
平均ターンオーバー2.72.7
FG成功率58.7%58.2%
フリースロー成功率56.7%52.7%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ハワードが2、3年目の頃はシャックは自分の後継者と認めていましたね
    スーパーマンも容認していた感じでした

*

CAPTCHA