【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンスがラッセル・ウェストブルックのベンチ出場について「レイカーズでの終わりの始まり」

ケンドリック・パーキンスがラッセル・ウェストブルックのベンチ出場について「レイカーズでの終わりの始まり」

NBAスターのレブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルック擁するロサンゼルス・レイカーズは、現地28日にミネソタ・ティンバーウルブズと対戦する。

デンバー・ナゲッツ戦をハムストリングの張りで欠場したウェストブルックはウルブズ戦で復帰する予定だ。

だが、指揮官のダービン・ハムHCはビッグラインナップのウルブズに対抗するため、ウェストブルックをベンチ起用とし、デイミアン・ジョーンズを5番のポジションで先発させると報じられている。

ウェストブルックのベンチ起用は今後も続く可能性があるとされている中、元NBA選手のケンドリック・パーキンスがウェストブルックのベンチ起用について言及した模様。

パーキンスによると、ウェストブルックのベンチ起用はレイカーズとウェストブルックの関係が終わる第一歩になるという。パーキンスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

(ベンチ起用は)ラッセル・ウェストブルックにとってオーディションとなるだろう。

レイカーズの勝利のためだけではなく、彼がこの状況にどう対処するのか世界中の人々が見るだろうからね。

彼はうまく対処できない。

正直言うと、僕はそう思っている。

思い出してくれ。

彼が(ナゲッツ戦を)欠場したのは、プレシーズン中に負ったハムストリングの怪我が原因だ。

彼はハムストリングを痛めた時、基本的にダービン・ハムとコーチングスタッフを批判した。

「ベンチ出場には慣れていない」という理由でね。

ラッセル・ウェストブルクはこの状況を喜べない。

これはラッセル・ウェストブルクとロサンゼルス・レイカーズの終わりの始まりになるだろう。

今季0勝4敗のレイカーズにとって、ウルブズ戦は絶対に勝利しなければならない重要な試合だ。

もしウェストブルックがシックスマンとしてレイカーズの勝利に貢献すれば、ウェストブルックはセカンドユニットのメインボールハンドラーとしてプレイし続けるだろう。

ウェストブルックがそれをどう思うかが気になるところだが、パーキンスが言及した通り、ウルブズ戦はウェストブルックにとってオーディションの意味を持つ試合となりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA