【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスが44得点のアンソニー・デイビスについて「僕たちのナンバーワンオプション」

レブロン・ジェイムスが44得点のアンソニー・デイビスについて「僕たちのナンバーワンオプション」

ロサンゼルス・レイカーズは現地2日にNBAオールスターフォワードのヤニス・アンテトクンポ擁するミルウォーキー・バックスと対戦し、4点差で勝利した。

この日はNBAスターのレブロン・ジェイムスアンソニー・デイビスラッセル・ウェストブルックが揃って活躍したわけだが、中でも44得点を記録したデイビスはインサイドを支配し、MVPレベルのパフォーマンスでレイカーズを牽引。

相棒ジェイムスもデイビスを心強く思い、デイビスにレイカーズの手綱を渡そうとしているのかもしれない。

ジェイムスはバックス戦を終えた後、デイビスについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

ADが僕たちのナンバーワンオプションなのは明らかだ。

僕たちの仕事はADを毎試合勢いづかせ、巻き込むこと。

ADの仕事は自信を持ってプレイすることだ。

彼はそれをやってくれているし、僕たちはそれをすごく気に入っているよ。

デイビスはここ5試合で平均31.6得点、14.2リバウンドと絶好調だ。

「デイビスの市場価値が高まっているうちにトレードで放出すべき」という声もあるが、デイビスはレイカーズにコミットし、チームメイトたちを牽引することだろう。

なお、この日のジェイムスとウェストブルックはターンオーバーをゼロに抑えた。

ウェストブルックは2試合連続でターンオーバーを記録しておらず、これはウェストブルックのNBAキャリアを通して初となる。

バックス戦のジェイムス、ウェストブルック、デイビスのスタッツは以下の通りだ。

L・ジェイムスR・ウェストブルックA・デイビス
出場時間372940
得点281544
リバウンド8710
アシスト11114
スティール200
ブロック003
TO000
FG成功率44.4%
(12/27)
54.5%
(6/11)
66.7%
(18/27)
3P成功率50.0%
(3/6)
0%
(0/2)
66.7%
(2/3)
FT成功率50.0%
(1/2)
42.9%
(3/7)
85.7%
(6/7)
+/-+6+4+5

【スポンサーリンク】

コメントを残す