【スポンサーリンク】

ステフィン・カリーの第4Qでのクレイジーなスタッツとは?

ステフィン・カリーの第4Qでのクレイジーなスタッツとは?

昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズステフィン・カリーは今季、MVPレベルのパフォーマンスでチームを牽引している。

3ポイント成功本数でNBA史上首位に立つなど、数々の偉業を成し遂げてきたカリーだが、今季は特にクラッチタイムでの勝負強さを発揮しているのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、今季のカリーの第4Qの出場時間はNBA101位にもかかわらず、同Qの得点はNBA首位を記録しているという。

今季のカリーの第4Qの合計出場時間は129分間で、合計158得点を記録。

カリーに続いているのは、ボストン・セルティックスジェイソン・テイタム(171分間で151得点)、ミルウォーキー・バックスヤニス・アンテトクンポ(148分間で141得点)、ブルックリン・ネッツケビン・デュラント(157分間で137得点)であり、彼らの数字を見るとカリーの効率の良さが顕になる。

また、カリーは第4Qの100ポゼッションあたりの得点でもNBAトップの数字を記録しているというから、まさにクラッチタイムで圧巻のパフォーマンスを見せていると言えるだろう。

カリーがこのパフォーマンスを維持し、かつウォリアーズが上位でNBAプレイオフに進出することができれば、カリーの3度目のMVPも近づくに違いない。

なお、カリーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数21847
平均出場時間34.634.3
平均得点30.824.5
平均リバウンド6.94.7
平均アシスト7.06.5
平均スティール1.01.6
平均ターンオーバー3.13.1
FG成功率51.3%47.5%
3P成功率43.9%42.8%
フリースロー成功率90.9%90.8%

【スポンサーリンク】

コメントを残す