【スポンサーリンク】

セルティックスがJJ・レディックにアシスタントコーチの仕事をオファーしていた?

セルティックスがJJ・レディックにアシスタントコーチの仕事をオファーしていた?

ボストン・セルティックスは今季開幕前、ヘッドコーチのイメ・ユドカに対して1年間の停職処分を言い渡した。

これを受け、アシスタントコーチとして働いていたジョン・マズーラが臨時ヘッドコーチに昇格。

マズーラHCは当時、アシスタントコーチ陣の補強を考えていたというが、その候補のひとりはNBA屈指のシューターとして活躍したJJ・レディックだったのかもしれない。

レディックによると、マズーラHCからアシスタントコーチの仕事に就くよう打診されていたという。レディックのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

あることをやっていると、別のことに繋がる場合がある。

週末の日曜日の午前、僕はジョーとゴルフを楽しんでいた。

その時にスタッフにならないかと話をされたんだ。

彼にはすごく感銘を受けた。

彼と4時間半も一緒に過ごしたんだ。

彼は選手たちのために素晴らしい仕事をしている。

彼はイメのプレッシャーから解放された。

何の滞りもなく仕事をしているように見える。

特にオフェンス面の改善が著しいよね。

レディックはセルティックスのアシスタントコーチに就かなかった理由については明かさなかった。

だが、マズーラHCから勧誘されたレディックは、NBAチームのコーチングの仕事を意識し始めたに違いない。

なお、セルティックスは来季以降もマズーラにチームの指揮を執らせることを検討していると報じられている。

【スポンサーリンク】

コメントを残す