【スポンサーリンク】

ザイオン・ウィリアムソンが試合終了直前の360度ダンクについて「僕らしくなかった」

ザイオン・ウィリアムソンが試合終了直前の360度ダンクについて「僕らしくなかった」

ニューオーリンズ・ペリカンズは現地9日にフェニックス・サンズを下し、ウェスタン・カンファレンス首位の座を死守した。

この日はザイオン・ウィリアムソンが35得点と大爆発。

プラスマイナスは脅威のプラス30をマークし、サンズに引導を渡した。

だが、勝敗がすでに決まっていた試合終了直前にウィリアムソンが360度ダンクを見舞ったことにより、クリス・ポールを中心にサンズの選手たちが激昂してしまった。

しかし、ウィリアムソンは「暗黙のルール」を認識しており、反省しているようだ。

ウィリアムソンは試合後、暗黙のルールを破ってダンクを決めたことについて次のようにコメントしたという。clutchpoints.comが伝えている。

あれは少し僕らしくなかった。

君たちにはそれを理解してほしいが、そうならないだろうね。

彼らは昨季、僕のチームメイトたちを(プレイオフで)家に送り返した。

それでもあれは僕らしくなかった。

もし彼らが同じことをしたら、僕は問題に思わないよ。

この日はペリカンズのホームゲームだったため、ウィリアムソンは360度ダンクでファンに感謝の意を示したかったのかもしれない。

とはいえ、ウィリアムソンにとって大きな学びとなったことだろう。

なお、この日のウィリアムソンのスタッツは以下の通りとなっている。

サンズ戦
出場時間36:44
得点35
リバウンド7
アシスト4
スティール1
ブロックショット0
ターンオーバー2
FG成功率76.5%
(13/17)
3P成功率
フリースロー成功率75.0%
(9/12)
+/-+30

【スポンサーリンク】

コメントを残す