【スポンサーリンク】

元NBAドラフト2位のジャバリ・パーカーが海外のクラブチームとの契約を模索か?

元NBAドラフト2位のジャバリ・パーカーが海外のクラブチームとの契約を模索か?

2014年NBAドラフト2位選手のジャバリ・パーカーは昨季、ボストン・セルティックスの一員としてシーズンを迎えた。

だが、十分な出場機会を勝ち取ることができず、サラリーが保証される前にウェイブされた。

その後どのNBAチームとも契約できずにいるパーカーは、海外でバスケットボールキャリアを続けることを視野に入れているようだ。

パーカーのエージェントによると、現在海外のチームとの契約をオプションのひとつとして検討しているという。eurohoops.netが伝えている。

ジャバリは今、海外での機会を探している。

彼は2つのNBAチームと契約間近までいった。

だが、うまくいかなかった。

今は海外のオプションをチェックしているところだ。

パーカーは先日、セルビアのクラブチームであるパルチザン・ベオグラードと契約すると報じられた。

だが、パーカーのエージェントによると、ベオグラード側から契約の話は来ていないという。

パルチザンについてだが、何も交渉していないし、それに近いものもない。

我々はただ彼らに「契約できる」と伝えただけだ。

交渉が進んでいるという報道は事実ではない。

パーカーはミルウォーキー・バックスの一員としてプレイしたルーキーシーズンに左膝の前十字靭帯を断裂。

復帰後は将来性を感じさせるパフォーマンスを見せていたものの、再び左膝の前十字靭帯を断裂すると、パーカーのNBAキャリアは狂ってしまった。

パーカーがバスケットボール選手として完全復活し、NBAでプレイできるレベルを取り戻すことを祈るばかりだ。

なお、パーカーの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数12310
平均出場時間9.327.5
平均得点4.414.1
平均リバウンド2.35.5
平均アシスト0.52.0
平均スティール0.30.9
平均ターンオーバー0.71.7
FG成功率47.4%49.4%
3P成功率50.0%32.6%
フリースロー成功率100%74.3%

【スポンサーリンク】

コメントを残す