【スポンサーリンク】

カール・マローンの狂気じみたトレーニングとは?

カール・マローンの狂気じみたトレーニングとは?

カール・マローンは1990年代に活躍した偉大なNBA選手のひとりだ。

特にジョン・ストックトンとコンビを組んだ時代は素晴らしいパフォーマンスを繰り広げたわけだが、ユタ・ジャズでの18シーズンでの欠場数がわずか10試合だったこともマローンを偉大なNBA選手にした理由のひとつだろう。

マローンが屈強な身体を手に入れ、大きな怪我のないNBAキャリアを送ることができたのは、狂気じみたトレーニングの成果だったのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、現役時代のマローンは以下のようなトレーニングに励んでいたという。

モーニングストレッチ

背中、ハムストリング、大腿四頭筋、アキレス、ふくらはぎのストレッチで一日のワークアウトを始める。

ステアマスター

朝6時にスタート。

トレーニング器具のステアマスターに乗り、レベル12で1時間有酸素運動を行う。

スプリント

スプリントでトラックを1周。

これを1時間続ける。

スタジアム

スタジアムの階段を疲れるまで上り下りする。

抵抗トレーニング

フラットベンチでダンベルプレスを行う。

フロント方向、45度の方向、頭の方向に上げるトレーニングを10~12レップス。

セット間の休憩はなし。

バランスボードを使ったトレーニング

バランスボードの上に立ち、オルタネーティング・ダンベルカールを10~12回行う。

マローン独自の「ミスターツイスター」ワークアウト

メディシンボールを持ったまま仰向けになり、膝を曲げる

その状態でリーチスルークランチ、45度の方向にクランチ、オーバーヘッドクランチを休憩なしで行う。

レップスは10~12回。

スタビリティボール・プッシュアップ

スタビリティボールに手をついた状態でインクライン・プッシュアップを6~8レップス。

休憩なしでスタビリティボールに足を乗せ、手を床につけた状態でプッシュアップを6~8レップス行う。

スタビリティボール・クランチ

プレートウェイトを持ちながら15~20レップス行う。

スタビリティボールを使ったダンベルプレス

スタビリティボールに背中を乗せ、足を床につけた状態で10~12レップス行う。

スタビリティボールを使ったオルタネーティングプレス

スタビリティボールの上に座り、10~12レップス行う。

スタビリティボールを使ったバックフライ

胸をスタビリティボールの上に乗せ、足を床につけたり離したりするトレーニングを10~12レップス。

その後両足を揃えた状態で10~12レップス行う。

スタビリティボールを使ったトライセップ・オーバーヘッド・エクステンション

ボールの上に座り、トライセップ・オーバーヘッド・エクステンションを10~12レップス行う。

スタビリティボールを使ったハンマーカール

スタビリティボールの上に仰向けになり、ハンマーカールを10~12レップス行う。

スタビリティボールを使ったオルタネーティングカール

スタビリティボールに座り、オルタネーティングカールを10~12レップス行う。

スタビリティボールを使ったスクワット

壁につけたスタビリティボールをに背中をつけ、ダンベルを床に置いた状態でスクワットを15回。

15回目は床に置いたダンベルを持ち、限界までスクワットを行う。

インクライン&デクラインプレス

インクライン&デクラインプレスを35~85レップス行う。

パワーハイキング

ユタの山で行う。

まずはウォームアップとして5ステップから始め、膝上げウォークを10~20ステップ、その後2~5分間早歩き。

さらにランジウォークを10~20ステップ、膝上げスキップを10~20ステップ。

最後はサイドステップ3回、ピボット、サイドステップ3回の「メイルマン・シャッフル」で締めくくる。

オルタネート・クロスカントリー

ランニング、ジョギング、ウォーキングを交互に20~30分間。

週に3度行う。

最後はステアマスター

ステアマスターに乗り、レベル12で1時間有酸素運動を行って一日のトレーニングを締めくくる。


レブロン・ジェイムスに抜かれてしまったが、マローンはNBA史上3位となる通算得点を記録した偉大な選手だ。

数々の偉業を成し遂げることができたのは、怪我しない体作りに励み、欠場数が極めて少なかったことも大きな要素のひとつだろう。

なお、マローンのNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
出場試合数1476
平均出場時間37.2
平均得点25.0
平均リバウンド10.1
平均アシスト3.6
平均スティール1.4
平均ターンオーバー3.1
FG成功率51.6%
3P成功率27.4%
フリースロー成功率74.2%

【スポンサーリンク】

コメントを残す