ゴーラン・ドラギッチ サンズのオフェンスについて「ボールは1つしかない」

【スポンサーリンク】

ゴーラン・ドラギッチ

昨季、フェニックス・サンズはリーグの台風の目となった。

ゴーラン・ドラギッチとエリック・ブレッドソーのポイントガードコンビはコートを縦横無尽に駆け回り、両選手が共にプレイした試合は28勝15敗。
一時はブレッドソーが負傷離脱したものの、48勝利34敗の好成績でシーズンを終えていた。

このオフシーズンにはアイザイア・トーマスを獲得し、さらなるステップアップが期待されているサンズだが、得意のオフェンスに停滞するシーンも見られる。

この原因について、ドラギッチは次のようにコメント。the Arizona Republicが伝えている。

 

「ボールは1つしかないし、俺ら全員がポイントガードだからね。答えは簡単さ。うまくプレイするのは難しいし、犠牲も必要。もしアイザイア(・トーマス)が好調なら、彼は試合に出続けて、俺とエリックのどちらか調子が良いほうがコートに出る。もう一人はベンチだね。俺らはそれを受け入れなきゃいけないんだ」

ゴーラン・ドラギッチ
  試合数 出場時間 FG成功率 3P成功率 リバウンド アシスト スティール 得点
2013-14 76 35.1 50.5% 40.8% 3.2 5.9 1.4 20.3
2014-15 14 30.9 47.4% 31.1% 3.0 3.1 0.9 14.6
エリック・ブレッドソー
  試合数 出場時間 FG成功率 3P成功率 リバウンド アシスト スティール 得点
2013-14 43 32.9 47.7% 35.7% 4.7 5.5 1.6 17.7
2014-15 14 30.4 44.1% 33.3% 5.4 5.5 1.1 13.4
アイザイア・トーマス
  試合数 出場時間 FG成功率 3P成功率 リバウンド アシスト スティール 得点
2013-14 72 34.7 45.3% 34.9% 2.9 6.3 1.3 20.4
2014-15 14 23.7 42.4% 36.0% 2.4 4.2 0.8 15.4

出場時間の影響もあるが、3選手とも平均得点を若干落としている。

この数字をポイントガード3選手が受け入れ、チームプレイに徹することがさらなるサンズ躍進の鍵となりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA