アディダス ラバー・ボールにテクニカルファウルをコールしないよう圧力?

【スポンサーリンク】

息子ラメロ・ボールが出場した先日のAAUゲームでチームの指揮を執った父ラバー・ボールは、テクニカルファウルを2回コールされ、退場処分となった。

だが、自身にコールされたテクニカルファウルだけでなく、自チームに対するコールに不公平を感じたラバー・ボールは、ゲーム途中だったにもかかわらず、自チームの全プレイヤーにコートを出るよう指示。

前代未聞の事態となったわけだが、これはアディダスが求めていたものではなかったのかもしれない。

ESPNによると、アディダスはこのゲームを担当した3人のレフェリーに足し、ラバー・ボールにテクニカルファウルをコールしないよう圧力をかけていたという。

この裏にあるのは、やはりサマーリーグMVPに輝いたロンゾ・ボールの存在だろう。

ロンゾ・ボールはラバー・ボールが展開している”ビッグボーラーブランド”発の自身のシグネチャーバッシュを履いてサマーリーグをプレイすると思われたが、ビッグボーラーブランドだけでなく、ナイキとアディダス、アンダーアーマーのバッシュを履いてプレイ。

この後、ラバー・ボールは「息子が望むならどのブランドと契約しても問題ない」とコメントしていた。

つまり、ロンゾ・ボールとの契約を勝ち取るため、アディダスはラバー・ボールに気を遣ったということなのだろう。

もちろん噂レベルの話ではあるものの、ボールファミリーには各ブランドとも注目しているようだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA