【スポンサーリンク】

ジーニー・バス「バスケットボールの決定はマジック・ジョンソンに従う」

ロサンゼルス・レイカーズを指揮するルーク・ウォルトンHCは、今季終了後に解雇すると見られている。

だが、レイカーズのコントローリングオーナーであり、球団社長のジーニー・バスは、これまでウォルトンHCのコーチングを批判したことがない。

常にウォルトンHCを支持するコメントを発しているバス。

しかし、ウォルトンHCの去就についてはバスケットボールオペレーション部門代表のマジック・ジョンソンに一任しているようだ。

ウォルトンHCの去就について質問されたバスは、次のように返答。ESPNが伝えている。

「その質問に対して回答するつもりはない。我々はすべてが適切な方向に進むポジションにいた。クリスマスにはゴールデンステイトを倒した。素晴らしいプレゼントだったわ。それからレブロン(・ジェイムス)が怪我をした。人手不足の状況では、コーチにすごいプレッシャーがかかるものよ。彼はハードワーカー。そしてプレイヤーが惹きつけられるタイプの人。多くの挑戦的な状況で、彼は素晴らしい仕事をしてくれてるの」

「バスケットボールの決定に関しては、常にマジックに従ってるわ。彼には再建のビジョンがあるし、レイカーズのバスケットボールがどんなものになるのかというビジョンがある。みなさんもそれを見ることができると思う。ただ、そこに到達するため、我々はまだ構築している途中なの」

この夏にロスターを刷新すると見られるレイカーズ。

コーチ陣も刷新するとなると、来季はまったく異なるチームに生まれ変わることになるだろう。

果たしてマジックはどのような構想を描いているのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA