【スポンサーリンク】

ドック・リバースHC「これほど誇りを感じたことはない」

シーズン途中にトバイアス・ハリスやエイブリー・ブラッドリーなど主力プレイヤーを放出したロサンゼルス・クリッパーズは、再建期に突入すると予想されていた。

だが、周囲の予想を覆し、クリッパーズはウェスタン・カンファレンス8位でプレイオフに進出。

ファーストラウンドでは王者ゴールデンステイト・ウォリアーズと対戦し、2勝4敗で敗れはしたものの、クリッパーズがここまで善戦すると予想していた者はそう多くないだろう。

クリッパーズを指揮するドック・リバースHCも、プレイヤーたちの戦う姿勢に感銘を受けたようだ。

リバースHCは今季のクリッパーズについて次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「私がコーチをした20年間で、男たちの集団にこれほど誇りを感じたことはない」

「このチームは(ケビン・)ガーネット、レイ・アレン、(ラジョン・)ロンド、ポール(・ピアース)がいない2008年のセルティックスだった。同じハートを持ち、毎晩ハードにプレイしたんだ」

クリッパーズはこの夏、FAになるビッグネーム獲得に動くを噂されている。

来季は違う戦いになるであろうが、今季のような快進撃を見せてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA