【スポンサーリンク】

ラバー・ボール 息子のトレードは「レイカーズ史上最悪の動き」

ロサンゼルス・レイカーズは先日、ロンゾ・ボール、ブランドン・イングラム、ジョシュ・ハート、3つのドラフト1巡目指名権をニューオーリンズ・ペリカンズへ放出し、アンソニー・デイビスを獲得するトレードに合意した。

このトレードを受け、ロンゾ・ボールの父ラバー・ボールは、当然のごとく怒り狂っているのかもしれない。

ラバー・ボールは息子をトレードで放出したレイカーズの決断について、次のように指摘。12up.comが伝えている。

「約束しよう。レイカーズ史上、あれは最悪の動きだ。彼らが再びチャンピオンになることは決してないだろうね。約束するよ」

レイカーズがロンゾ・ボールをトレードで出したことにより、ラバー・ボールはレイカーズに対する敵意をむき出しにするだろう。

息子3人をレイカーズでプレイさせ、王朝を築くことを夢見ているラバー・ボール。

その夢の実現は難しくなりそうだが、息子たちには自身のバスケットボールキャリアを着実に積み上げてほしい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA