【スポンサーリンク】

デビン・ブッカー「ドウェイン・ウェイドは最高のショットブロッキングガード」

フェニックス・サンズのデビン・ブッカーは、NBAを代表するスコアラーのひとりだ。

ルーキー時代からサンズを牽引する活躍を見せ、ここ数年はゲームメイク能力も発揮しているブッカー。

だが、多くのルーキープレイヤーたちと同じように、NBA1年目に偉大な先輩から洗礼を受けたようだ。

ブッカーによると、未来の殿堂入りプレイヤーであるドウェイン・ウェイドのディフェンスに驚いたという。

ブッカーはウェイドと初めてマッチアップした当時を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

Dウェイドと初めて対戦した時、俺はポンプフェイクで彼を飛ばしたんだ。

知っての通り、史上最高といかないまでも、彼は史上最高のショットブロッキングガードのひとり。

彼をポンプフェイクで飛ばし、2ドリブルで逃げたのだけれど、彼の姿が見えなかった。

シュートを狙いにいくと、シュートを撃つ前に彼にボールを奪われたんだ。

タイミング、意識、本能。

自分のゲームにもっと取り組まないといけないことを知ったよ

ウェイドはサイズに恵まれてはいなかったものの、類まれな身体能力を有し、ガードプレイヤーながらもブロックショットを得意としていた。

キャリア通算885ブロックは、マイケル・ジョーダンを上回る数字だ。

ルーキーだったブッカーにとって、ウェイドのディフェンスは衝撃的だったことだろう。

なお、ブッカーはディフェンスが最もタフな選手としてロサンゼルス・クリッパーズのカワイ・レナード、ディフェンスが最もタフなチームとしてデンバー・ナゲッツを挙げている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA