【スポンサーリンク】

スペンサー・ディンウィディ「レブロン・ジェイムスは歴代トップ3スコアラーではない」

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは、間違いなくNBA史に名を残すスーパースターのひとりだ。

35歳になった今でもリーグトップクラスのパフォーマンスを維持しており、所属するレイカーズをNBAチャンピオン最有力候補に押し上げているジェイムス。

そのジェイムスに関するスペンサー・ディンウィディのツイートが話題となっている。

ディンウィディによると、ジェイムスは最高のオフェンシブ”プレイメイカー”であり、NBA歴代トップ3のスコアラーではないという。

ディンウィディが挙げたケビン・デュラント、コービー・ブライアント、マイケル・ジョーダンは、間違いなくNBA史上最高のスコアラーたちだ。

だが、ジェイムスが2008年に得点王に輝き、キャリア通算得点で歴代トップ3入りしているという事実を忘れてはならない。

ディンウィディの投稿にはさまざまな意見が殺到しているようだが、史上最高のスコアラーを議論する時、ジェイムスの名は挙がるべきだろう。

なお、NBA史上トップ20選手は以下の通りとなっている。

順位選手名出場試合数通算得点
1カリーム・アブドゥル・ジャバー156038387
2カール・マローン147636928
3レブロン・ジェイムス126334195
4コービー・ブライアント134633643
5マイケル・ジョーダン107232292
6ダーク・ノビツキー152231560
7ウィルト・チェンバレン104531419
8シャキール・オニール120728596
9モーゼス・マローン132927409
10エルヴィン・ヘイズ130327313
11アキーム・オラジュワン123826946
12オスカー・ロバートソン104026710
13ドミニク・ウィルキンス107426668
14ティム・ダンカン139226496
15ポール・ピアース134326397
16ジョン・ハブリチェック127026395
17カーメロ・アンソニー111926391
18ケビン・ガーネット146226071
19ビンス・カーター154125728
20アレックス・イングリッシュ119325613

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA