【スポンサーリンク】

クリス・ポール「アンドレ・イグダーラがいなければバブルは実現しなかった」

NBAが3月にシーズン中断を決定した後、世界の状況を鑑み、そのままシーズンを中止にするとも報じられていた。

だが、オーランドのバブルという環境で再開すると、さまざまな制限はあれど最高の結果を残せたと言えるだろう。

バブルの成功についてはNBAとNBPA会長のクリス・ポールに称賛の声が集まっているが、ポールが誰よりも心強く感じていたのはマイアミ・ヒートのアンドレ・イグダーラだったのかもしれない。

ポールによると、イグダーラがいなければバブルは実現しなかったという。ポールのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

執行委員会のメンバーは皆、金銭をもらっていないよね?

奉仕でやっているんだ。

言っている意味が分かるかい?

奉仕なんだ。

だからこそ、執行委員会にいる僕たちのリーグの全員を称賛する。

執行委員会の働きは素晴らしかった。

ただ、アンドレ・イグダーラがいなければ実現しなかっただろう。

僕と彼は何年も執行委員会で働いている。

あらゆるタイプの選手たちをマネジメントするため、途方もないほど話し合いを重ねてきた。

考えてみてくれ。

リーグには450人の選手がいるし、「この選手にとってはこれが良いこと」ということもあれば、「あの選手にとってはこれは良くないこと」ということもあるからね。

だから、非常にタフで難しい話し合いをしなければならないんだ。

バブルでのNBAシーズン再開にあたり、さまざまな課題も報じられた。

だが、NBAとNBPAは協力して最善策を打ち出し、ひとまずの成功を収めることができた。

バブルでのNBAシーズンが終わった時、NBAとNBPA会長のポールには再び称賛の声が集まることだろう。

だが、影の立役者であるイグダーラにも称賛の声が集まることを願いたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA