【スポンサーリンク】

ダンカン・ロビンソン「ジミー・バトラーは僕に厳しい」

マイアミ・ヒートのジミー・バトラーは、激しい労働観を持つスタープレイヤーのひとりだ。

妥協を嫌い、必死にトレーニングに取り組まない若手には厳しく指摘するとされ、それが原因で所属してきたNBAチームでは若手との関係悪化が噂されたバトラー。

だが、ヒートの若手たちは妥協しないバトラーをリスペクトし、多くを学んでいるのかもしれない。

NBAキャリア2年目のダンカン・ロビンソンによると、ロサンゼルス・レイカーズとのNBAファイナル第2戦の後にバトラーに呼び出され、もっとアグレッシブにプレイする指摘されたという。

ロビンソンは当時を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

第2戦が終わった後の夜、彼の部屋でミーティングをした。

彼は僕に厳しい。

だが、僕にすごく期待をしてくれているからなんだ。

僕は喜んで受け入れる。

このチーム全体が僕にアグレッシブになることを求めているし、僕の仕事をすることを求めているんだ。

NBAファイナル第1戦は無得点、第2戦は9得点に終わったものの、以降のシリーズは二桁得点、第5戦では7本の3Pを含む26得点をマークしたロビンソン。

満身創痍の状態で戦っているバトラーを助け、チームに勝利をもたらすにはロビンソンの貢献が不可欠だ。

バトラーもロビンソンの活躍を信じ、愛のある指導を続けていくことだろう。

なお、ロビンソンのNBAファイナル第1戦から第5戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦第3戦第4戦第5戦
出場時間27:0321:5739:1832:4337:03
得点09131726
リバウンド40515
アシスト04332
スティール01211
ターンオーバー00011
FG成功率0%
(0/3)
28.6%
(2/7)
33.3%
(4/12)
57.1%
(4/7)
53.3%
(8/15)
3P成功率0%
(0/3)
28.6%
(2/7)
30.0%
(3/10)
50.0%
(3/6)
53.8%
(7/13)
フリースロー成功率100%
(3/3)
100%
(2/2)
100%
(6/6)
100%
(3/3)
+/--8-21+27+5+7

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA