【スポンサーリンク】

ロンゾ・ボール「クラッチスポーツとの契約は良いステップだった」

NBAキャリア3年目を終えたニューオーリンズ・ペリカンズのロンゾ・ボールは今年9月、クラッチスポーツのリッチ・ポールとエージェント契約を結んだ。

それまでは父ラバー・ボールが間に割って入り、ロンゾ・ボールの決断に影響を及ぼしていたが、クラッチスポーツとのエージェント契約は初めて彼自身の考えで決断したことだったという。

その決断は正解だったようだ。

クラッチスポーツとのエージェント契約から2カ月以上が経った今、ボールは次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

クラッチとの契約は僕にとって良いステップだった。

なぜなら、100%僕自身で決めたことだったからね。

リッチは大きな影響力を持っていると思う。

僕のキャリアは間違いなく彼の手の中にある。

リッチとの面談は良かったよ。

僕は自分自身で決断したかった。

他のことはすべて家族全体のことを考えているけれど、僕は僕が思う最高のことをやりたかった。

僕は彼のやり方を気に入っているよ。

彼はオフ・ザ・コートでも道を切り拓いてくれているんだ。

リッチには多くのコネクションがある。

僕をバスケットボールの世界だけで助けてくれるのではなく、オフ・ザ・コートでも助けてくれている。

音楽、ファッション、アート。

何であれ、彼は間違いなく僕を助けてくれるだろう。

彼が僕のチームにいてくれて嬉しいし、全面的にウィンウィンだったんじゃないかな。

ポールはNBAを代表するスーパースターであり、幼馴染でもあるレブロン・ジェイムスのエージェントも務めている。

また、アンソニー・デイビスやベン・シモンズ、ジョン・ウォール、トレイ・ヤングといったNBAスターたちも顧客に抱えており、ボールはそうそうたるメンバーに加わることになった。

ボールはポールの人脈を活用し、音楽活動やファッションにも力を入れていくだろう。

なお、ボールは先日、自身のブランド「Born To Ball」設立の準備を進めていると報じられた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA