【スポンサーリンク】

ジミー・バトラーがNBAファイナル進出まぐれ説について「気にしていない」

ジミー・バトラー率いるマイアミ・ヒートは昨季、レブロン・ジェイムス、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュのビッグ3時代以来となるNBAファイナル進出を果たした。

ヒートはファーストラウンドでインディアナ・ペイサーズをスウィープすると、カンファレンスセミファイナルではNBAタイトル最有力候補のミルウォーキー・バックスを3勝1敗で撃破。

カンファレンスファイナルではボストン・セルティックスを4勝2敗で下すなど、快進撃を続けたヒート。

NBAファイナルではレブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビス擁するロサンゼルス・レイカーズに敗れてしまったものの、ヒートにとって実りあるシーズンだったと言えるだろう。

だが、ヒートのNBAファイナル進出はまぐれだったと感じているファンも少なくない。

この件について、バトラーが言及した模様。

バトラーはヒートのNBAファイナル進出まぐれ説について、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕は外野に注意を払っていない。

彼らはここにいないからね。

彼らの胸にはマイアミがない。

他の誰よりも、僕は外野の意見を気にしていないんだ。

バトラーはNBAファイナルでレイカーズに敗れた後、「来季またここに戻って来る」とし、2年連続NBAファイナル進出を宣言した。

ヒートはこのオフシーズン中にディフェンスに定評あるエイブリー・ブラッドリーとモーリス・ハークレスの獲得に成功。

その他の主力はほとんど変わっていないため、NBAファイナル進出の期待はますます高まるだろう。

イースタン・カンファレンスには2年連続MVPのヤニス・アンテトクンポ擁するバックスや、ケビン・デュラントとカイリー・アービングが復帰するブルックリン・ネッツというNBAタイトルコンテンダーがいるため、NBAファイナル進出は昨季以上に簡単ではない。

だが、ベテランと若手が融合したヒートには、NBAファイナリストのチームであることを証明するシーズンにしてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA