【スポンサーリンク】

ラジョン・ロンドが若かりし日のデリック・ローズについて「ワンマンファストブレイクだった」

ミネソタ・ティンバーウルブズのベテランポイントガード、デリック・ローズは、シカゴ・ブルズに所属していたNBAキャリア序盤、圧倒的な爆発力を持つプレイヤーとして多くのディフェンダーたちに困難をもたらしていた。

だが、NBA最年少MVPに輝いた後にブルズと5年9480万ドル、アディダスと14年2億5000万ドルの大型契約を結んで迎えた2011-12シーズン、ローズは度重なる怪我に苦しめられると、プレイオフで左膝の前十字靭帯を断裂。

その後も右膝半月板断裂などで難しいNBAキャリアを強いられるようになった。

もしローズが大きな怪我なくNBAキャリアを送ることができていれば、今頃どれほどのプレイヤーになっていたのだろうか?

MVP時代のローズと何度も対戦したラジョン・ロンドによると、当時のローズは別格であり、他に比較できるプレイヤーはいないという。

ロンドはかつてのローズについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

彼をディフェンスするのは簡単ではなかったから、他のチームは彼のドライブを防ぐためにペイントエリア内を固めたんだ。

だが、彼を確実に止める戦術ではなかった。

彼はそれでもドライブしてきて、皆を飛び越えていったんだ。

ものすごく爆発力があった。

間違いなくワンマンファストブレイクだったよ。

ロンドとローズはほぼ同じ時代を生き、タフなNBAで戦ってきた。

それゆえにロンドのローズに特別な思いを持っているのかもしれない。

彼らにはいつの日か対談し、昔話に花を咲かせてもらいたいところだ。

なお、ローズの前十字靭帯断裂前のスタッツとNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

前十字靭帯断裂前NBAキャリア
出場試合数279597
平均出場時間36.832.5
平均得点21.018.8
平均リバウンド3.83.4
平均アシスト6.85.6
平均スティール0.90.8
平均ターンオーバー2.92.6
FG成功率46.4%45.6%
3P成功率31.0%30.4%
フリースロー成功率81.5%82.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA