【スポンサーリンク】

カイル・ラウリーが不調のラプターズについて「今の僕たちには何もない」

2018-19シーズンのNBAチャンピオンであるトロント・ラプターズが、厳しい戦いを強いられている。

ラプターズは今季6試合を終えた時点で1勝5敗。

この状況が続くとNBAプレイオフ進出さえ難しくなるだけに、一刻も早く立て直したいところだろう。

では、ラプターズが強さを取り戻すためには何が必要なのだろうか?

ベテランポイントガードのカイル・ラウリーによると、今のラプターズは強いメンタルで戦っていないという。ラウリーのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

僕たちはもう少し強い意志を持ってプレイしなければならない。

もう少しタフにならなければならない。

もう少し意地悪くならなければならない。

もう少し自信を持たなければならない。

今の僕たちには自信がない。

何もない。

何もないんだ。

他のチームは僕たちのことを、「さて、食べてやろう」という感じで見ている。

良い気分ではないね。

ラプターズはここ2年でカワイ・レナードやダニー・グリーン、サージ・イバカ、マーク・ガソルといった主力プレイヤーたちを失っている。

彼らはオフェンスだけでなくディフェンスにも優れており、彼の移籍がラプターズに大きなダメージを与えてしまったのは間違いないだろう。

とはいえ、今のロスターにもNBAタイトル獲得に貢献した選手たちがいる。

彼らが今後どう戦い、立て直すのか注目が集まるところだ。

なお、ラウリーの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数6920
平均出場時間36.731.6
平均得点18.714.8
平均リバウンド4.54.3
平均アシスト7.76.2
平均スティール1.31.4
平均ターンオーバー3.22.3
FG成功率40.5%42.3%
3P成功率35.4%36.6%
フリースロー成功率90.0%81.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA