【スポンサーリンク】

アンソニー・エドワーズがスパーズ戦でのパスミスについて「ダンクを狙おうとした」

2020年のNBAドラフト1位でミネソタ・ティンバーウルブズに入団したアンソニー・エドワーズは、重要なベンチプレイヤーのひとりとして早くも活躍している。

だが、現地8日に行われたサンアントニオ・スパーズ戦では痛恨のミスを犯してしまった。

ウルブズが3点差を追っていたオーバータイム最終盤、エドワーズはダンクを試みようとしたところ途中でパスに切り替えると、スパーズにスティールされ、タイスコアのチャンスを逃してしまった。

試合後、ベテランポイントガードのリッキー・ルビオから叱責されたようにも見えたが、エドワーズがこれらのシーンについて説明した模様。エドワーズのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕はダンクを決めようとしたが、(ベンチの)皆が「スリー!スリー!スリー!」と叫んでいたんだ。

彼(リッキー・ルビオ)には、今度同じ状況になった時に何をすべきなのか言われた。

コーチは試合後、ベンチの男たちに「スリー!スリー!スリー!」と叫ぶべきではなかったと伝えていたよ。

僕たちはタイムアウトをコールすべきだった。

だが、僕には分からない。

ウルブズにとっては失意の敗戦となってしまったが、ウルブズの未来を担うであろうエドワーズにとっては大きな経験になっと言えるだろう。

なお、ウルブズはこの試合を落としてしまったものの、スパーズとのバック・トゥ・バック2試合目は勝利し、連敗を7で止めた。

エドワーズの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツ
出場試合数10
平均出場時間25.5
平均得点13.6
平均リバウンド2.9
平均アシスト2.0
平均スティール0.6
平均ターンオーバー2.0
FG成功率38.8%
3P成功率27.6%
フリースロー成功率76.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA