【スポンサーリンク】

アンドリュー・ウィギンス「NBAキャリアで今が最もハッピー」

2014年のNBAドラフト1位選手であるアンドリュー・ウィギンスはルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、素晴らしいNBAデビューを飾った。

だが、ウルブズを安定してNBAプレイオフ進出に導くことができず、成長が停まってしまったウィギンスには批判が続出。

ウルブズはついにウィギンスを見限り、昨季中のトレードで放出することとなったが、ウィギンスはゴールデンステイト・ウォリアーズの一員としてプレイしている今を楽しんでいるようだ。

「君のNBAキャリアで今が最もハッピー?」と質問されたウィギンスは、以下のように答えたという。clutchpoints.comが伝えている。

間違いないね。

僕たちは勝っている。

全員がハッピーだ。

僕たちは良くなっていくだけだし、僕たちには成長の余地がものすごくある。

だから、最後には素晴らしいチームになると思うよ。

今はクレイ(・トンプソン)がいない。

クレイが復帰したら、恐ろしいチームになるだろうね。

僕たちは前に進み続けなければならない。

ウォリアーズは現地10日にトロント・ラプターズとの接戦を制し、今季6勝目を挙げた。

エースのステフィン・カリーがFG16本中2本、3P10本中1本の11得点と大不調だったにもかかわらず勝利できたのは、ウォリアーズにとって大きな自信につながるだろう。

プレッシャーから解放されたウィギンスには、カリーと共にウォリアーズを牽引する働きを期待したいところだ。

なお、ウィギンスの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数10464
平均出場時間32.335.7
平均得点17.519.7
平均リバウンド4.64.4
平均アシスト2.42.3
平均スティール0.51.0
平均ブロックショット1.50.6
平均ターンオーバー2.22.1
FG成功率43.3%44.1%
3P成功率38.5%33.4%
フリースロー成功率75.8%73.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA