【スポンサーリンク】

トレードが噂されるカイル・クーズマに不穏な動き?

トレードが噂されるカイル・クーズマに不穏な動き?

ロサンゼルス・レイカーズのカイル・クーズマには、レブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビスに次ぐ選手になることが期待されている。

だが、クーズマのパフォーマンスには一貫性がなく、NBAプレイオフではわずか平均6.3得点にとどまった。

そのような状況を受け、クーズマにはまたしてもトレードの噂が浮上したわけだが、クーズマの心境にも何かしらの変化があったのかもしれない。

clutchpoints.comによると、クーズマはインスタグラムのプロフィールから「@Lakers」を削除したという。

クーズマの契約はまだ残っており、クーズマ自身も「来季もレイカーズでプレイする」と宣言していたため、「@Lakers」を削除したことは不自然と言えるだろう。

クーズマが「@Lakers」を削除したのは、ESPNの番組「The Jump」の中で「レイカーズはクーズマをトレードで放出し、ケンバ・ウォーカーを獲得すべき」とされた数時間後だったという。

ウォーカーはその後、トレードでオクラホマシティ・サンダーに移籍することとなったが、サンダーはウォーカーと話し合い、ウォーカーが希望するチームにトレードすると見られている。

レイカーズはシーズン中にクーズマをトレード要員としてブルックリン・ネッツにオファーを出し、負傷離脱中のスペンサー・ディンウィディ獲得を狙ったと噂されているが、すでにクーズマにトレード要員とすることを伝えたのだろうか?

なお、レイカーズのゼネラルマネージャーを務めるロブ・ペリンカは先日、「チームのコアは維持する」としたものの、コアが誰なのかについては明かさなかった。

クーズマの今季レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りだ。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数686
平均出場時間28.721.5
平均得点12.96.3
平均リバウンド6.13.8
平均アシスト1.91.2
平均スティール0.5
(キャリアワーストタイ)
0.3
平均ターンオーバー1.71.0
FG成功率44.3%29.2%
3P成功率36.1%17.4%
フリースロー成功率69.1%
(キャリアワースト)
66.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA