【スポンサーリンク】

元NBA選手のロン・ベイカーが28歳で現役引退

元NBA選手のロン・ベイカーが28歳で現役引退

元NBA選手のロン・ベイカーが、プロバスケットボール選手としての現役を引退することを決断した模様。

Eurohoopsによると、現在28歳のベイカーは怪我の影響により現役を引退し、ヘルスケア業界で働くことを決断したという。

ベイカーが最後にNBAでプレイしたのは、ワシントン・ウィザーズに所属した2018-19シーズン。

だが、4試合に出場した時点でウェイブされると、NBAを離れてCSKAモスクワと契約した。

しかし、腰に問題を抱えていたベイカーは海外で手術を受け、バスケットボール選手としての現役を引退する決断を下したという。

ベイカーはヘルスケア業界で働くことをすで決めており、アセンション・ビア・クリスティ社の戦略・事業開発部門のプロジェクトマネージャーに就任したと報じられている。

なお、ベイカーのNBAでのスタッツは以下の通りだ。

NBAキャリア
所属チームニューヨーク・ニックス
ワシントン・ウィザーズ
出場試合数96
平均出場時間14.5
平均得点3.1
平均リバウンド1.4
平均アシスト1.8
平均スティール0.7
平均ターンオーバー0.8
FG成功率35.8%
3P成功率26.5%
フリースロー成功率70.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA