【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンスがクレイ・トンプソンとの決別を提案

ケンドリック・パーキンスがクレイ・トンプソンとの決別を提案

ゴールデンステイト・ウォリアーズはステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンを中心としたチームとして長く戦ってきた。

だが、今季のウォリアーズは若手選手たちが台頭し、中でもNBAキャリア3年目のジョーダン・プールは目覚ましい活躍を見せている。

このNBAプレイオフではカリーやトンプソンを上回るパフォーマンスを見せることも少なくなく、ますます注目を集めているプール。

元NBA選手のケンドリック・パーキンスもプールにポテンシャルを感じており、もしウォリアーズがNBAプレイオフを勝ち進むことができければ、トンプソンではなくプールをビッグ3に加えるべきだという。パーキンスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

彼らはトンプソンにに代わってプールを起用すべきだ。

もし僕がゴールデンステイト・ウォリアーズなら、成長中のジョーダン・プールを組み込むだろう。

クレイ・トンプソンを批判しているわけではない。

だが、どこかの時点でジョーダン・プールにできる限りのことをしなければならなくなる。

どこかの時点で前に進まなければならなくなるし、再構築しなければならなくなる。

どんなことにも終わりはやって来るんだ。

ウォリアーズのビッグ3が30代になった一方で、プールはまだ22歳と若く、さらなる成長が見込める。

パーキンスが指摘したように、ウォリアーズはいずれ大きな決断を下さなければならないだろう。

つまり、ウォリアーズが今後数年のうち大きく動く可能性は十分あると言えそうだ。

なお、NBAプレイオフでのカリー、トンプソン、プールのスタッツは以下の通りとなっている。

S・カリーK・トンプソンJ・プール
出場試合数777
平均出場時間32.434.933.3
平均得点27.320.022.3
平均リバウンド4.13.13.3
平均アシスト5.61.95.9
平均スティール1.31.61.0
平均ターンオーバー2.91.02.7
FG成功率47.4%43.9%55.1%
3P成功率38.6%38.6%44.7%
フリースロー成功率75.6%62.5%87.1%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    黙ってろ髭ぶたパーキンス

  2. By 匿名

    パーキングはアナリストを引退することをオヌヌメします´д` ;
    素人でも言えることしか言わない。
    ピアースやガーネットのおかげで優勝できた金魚の糞

*

CAPTCHA