【スポンサーリンク】

TJ・ウォーレンの復帰目処はいまだ立たず

TJ・ウォーレンの復帰目処はいまだ立たず

インディアナ・ペイサーズのTJ・ウォーレンはNBAキャリア7年目の昨季、足の疲労骨折によりわずか4試合の出場にとどまった。

NBA屈指のスコアラーであるウォーレンにはスコアリングでの貢献が期待されているが、ペイサーズは来季しばらくウォーレン抜きで戦わなければならないかもしれない。

hoopsrumors.comによると、ウォーレンの回復は想定より遅れており、現時点で復帰の目処は立っていないという。

ウォーレンはオーランドのバブルで6試合に出場し、平均31.0得点を記録。

昨季はさらなる飛躍が期待されていた。

ペイサーズとの契約はNBA2021-22シーズンが最終年となっているため、シーズン中にトレードで放出される可能性があるというが、復帰時期が長引けば長引くほどトレード市場での価値は低くなってしまうだろう。

なお、ウォーレンは順調に回復していないことについて、以下のように語っている。

僕の口から直接伝えたかった。

今はリハビリに取り組んでいるところであり、できるだけ早くコートに戻り、ベストを尽くしたい。

ウォーレンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2020-21NBAキャリア
出場試合数4332
平均出場時間29.328.8
平均得点15.515.5
平均リバウンド3.54.1
平均アシスト1.31.2
平均スティール0.51.0
平均ターンオーバー1.01.0
FG成功率52.9%50.7%
3P成功率0%35.7%
フリースロー成功率80.0%78.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA