【スポンサーリンク】

ケニオン・マーティンJrがロケッツにトレード要求か?

ケニオン・マーティンJrがロケッツにトレード要求か?

ヒューストン・ロケッツは若手中心に再建中のNBAチームのひとつだ。

この夏もNBAドラフト指名権や若手有望株の獲得に奔走すると見られているが、NBAキャリア2年目を終えたケニオン・マーティンJrはロケッツ以外のNBAチームで成長の機会を得ることを望んでいるのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、元NBA選手のケニオン・マーティンの息子であるケニオン・マーティンJrは、トレードの話し合いをするためにロケッツのフロントオフィスに接触したという。

マーティンJrとロケッツの関係は悪化しておらず、マーティンJrはNBA選手としてもっと成長するためには出場機会を得ることが重要と判断し、出場機会が得られるNBAチームへの移籍を望んでいると報じられている。

マーティンJrはまだ21歳と若く、伸び代十分の若手選手だ。

高い身体能力を誇るマーティンJrには多くのNBAチームが関心を示すことだろう。

なお、マーティンJrの2020-21シーズンと2021-22シーズンのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-212021-22
出場試合数4579
平均出場時間23.721.0
平均得点9.38.8
平均リバウンド5.43.8
平均アシスト1.11.3
平均スティール0.70.4
平均ターンオーバー0.80.8
FG成功率50.9%53.3%
3P成功率36.5%35.7%
フリースロー成功率71.4%63.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA