【スポンサーリンク】

ゴンザガ大学のヘッドコーチが八村塁とコリー・キスパートを激励

ゴンザガ大学のヘッドコーチが八村塁とコリー・キスパートを激励

ワシントン・ウィザーズは昨季スタートダッシュに成功したものの、シーズンが進むに連れて調子を落とし、イースタン・カンファレンス12位で終えた。

だが、シーズン中のトレードで加わったクリスタプス・ポルジンギスが健康を維持し、若い選手たちがさらに成長することができれば、来季のウィザーズはNBAプレイオフ進出が期待できる戦いを見せてくれるだろう。

そんな中、ゴンザガ大学のヘッドコーチを務めるマーク・フューが、同大学出身の八村塁とコーリー・キスパートを激励した模様。

フューHCによると、八村とキスパートはウィザーズにとって欠かせないピースになるという。フューHCのコメントをnbcsports.comが伝えている。

昨季の塁はシューティングで素晴らしい仕事をした。

彼のシューティングに関しては、誰もが疑問を持っていたと思う。

オリンピックがあり、その他にもいろんなことがあり、本当に本当に長くハードな年だったんじゃないかな。

スポーツにおいて国を代表することがどれほどプレッシャーなのか、誰も理解していないと思う。

彼はコートに戻ってきて、笑顔を見せ、プレイを楽しんでいた。

それを見ることができて本当に良かったよ。

彼(キスパート)は素晴らしい仕事をしたと思う。

勝負どころでの彼のプレイは、ビンテージ・コーリーだった。

彼が成功をしたのを見られてすごく嬉しいよ。

誰もが彼にすごく期待していると思うし、彼はワシントンで良い位置にいるんだ。

ウィザーズはブラッドリー・ビール、クリスタプス・ポルジンギス、カイル・クーズマを中心としたチームとなり、八村とキスパートには彼らをサポートする働きが期待されている。

ゴンザガ大学出身の八村とキスパートは来季さらに成長し、ウィザーズのNBAプレイオフ復帰に欠かせない選手となることだろう。

なお、昨季の八村とキスパートのスタッツは以下の通りとなっている。

八村塁C・キスパート
出場試合数4277
平均出場時間22.523.4
平均得点11.3
(キャリアワースト)
8.2
平均リバウンド3.8
(キャリアワースト)
2.7
平均アシスト1.1
(キャリアワースト)
1.1
平均スティール0.5
(キャリアワースト)
0.5
平均ターンオーバー0.80.6
FG成功率49.1%
(キャリアハイ)
45.5%
3P成功率44.7%
(キャリアハイ)
35.0%
フリースロー成功率69.7%
(キャリアワースト)
87.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA