【スポンサーリンク】

ボヤン・ボグダノビッチがレイカーズへのトレードに期待?

ボヤン・ボグダノビッチがレイカーズへのトレードに期待?

NBAオールスターのドノバン・ミッチェルとルディ・ゴベアをトレードで放出したユタ・ジャズは、ボヤン・ボグダノビッチやジョーダン・クラークソン、マイク・コンリーなどベテラン主力選手たちもトレードで放出すると見られている。

ボグダノビッチについてはフェニックス・サンズなど複数のNBAチームが関心を持っているというが、ロサンゼルス・レイカーズが最有力候補なのかもしれない。

clutchpoints.comによると、ボグダノビッチは間もなくトレードでレイカーズに移籍すると期待しているという。

ジャズはボグダノビッチのトレードでNBAドラフト1巡目指名権を要求していると報じられている。

レイカーズは2027年と2029年のNBAドラフト1巡目指名権を保有しているが、ボグダノビッチを獲得するためにはどちらかひとつを諦めなければならないだろう。

レイカーズのロブ・ペリンカGMとダービン・ハムHCは、現地20日に予定されていたメディアインタビューを直前で中止した。

裏でトレード交渉が活発し、それに専念するために急遽中止したと噂されているが、果たしてボグダノビッチのトレードは実現するのだろうか?

なお、レイカーズはインディアナ・ペイサーズともトレード交渉を続けているものの、ペイサーズがNBAドラフト1巡目指名権2つを要求しているため、交渉は停滞していると報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA