【スポンサーリンク】

ジェレミー・リン「NBAの誰も僕に興味を持ってくれなかった」

ジェレミー・リン「NBAの誰も僕に興味を持ってくれなかった」

元NBA選手のジェレミー・リンは2019年の夏、涙ながらに中国リーグに別れを告げ、夢であるNBAに再チャレンジすることを明かした。

だが、リンはゴールデンステイト・ウォリアーズ傘下のGリーグチームであるサンタクルーズ・ウォリアーズでプレイし、結果を残したものの、NBAチームからコールアップされることはなかった。

リンによると、Gリーグでトップの得点とアシストを記録したにもかかわらず、どのNBAチームにも関心を持たれなかったという。

リンは当時を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

サンタクルーズでプレイし、得点とアシストでリーグをリードし、シュート効率でリーグをリードした。

僕以外のトップスコアラーとアシストリーダーが(NBAチームとの)契約を手にした。

タフだった。

僕はチームのオーナーたちと話をした。

ゼネラルマネージャーたちと話をした。

NBAコミッショナーと話をした。

スター選手たちと話をした。

誰も僕に興味を持ってくれなかったんだ。

リンはGリーグで結果を残したものの、GリーグはNBAデビューを目指す若手選手が多く、NBAチームは若手有望株を優先的にコールアップする傾向にある。

リンはNBAで実績を残した選手ではあるが、NBAチームにとってリンの年齢がネックになったのかもしれない。

現在34歳のリンがNBAに復帰できる可能性は極めて低いだろう。

だが、現在中国リーグのチームに所属しているリンはバスケットボール選手としてさらなる高みを目指し、中国のバスケットボール界を盛り上げるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA