【スポンサーリンク】

NBAがストリーミング専用パッケージをAmazonとAppleに販売?

NBAがストリーミング専用パッケージをAmazonとAppleに販売?

世界的な大企業であるAmazonとAppleは近年、スポーツのストリーミング配信パッケージ販売にも力を入れており、NFLとMLBのゲームをストリーミング配信するようになった。

NBAもNFLとMLBに倣い、ストリーミング配信のプラットフォームを拡大しようとしているのかもしれない。

frontofficesports.comによると、NBAは次のテレビ契約交渉の際にストリーミング専用のパッケージを用意し、AmazonとAppleが契約に動く可能性があるという。

もしAmazonとAppleのプラットフォームでNBAの試合が配信されるようになれば、確実にファン層の拡大につながるだろう。

ただし、ストリーミング専用パッケージはNBAレギュラーシーズン全82試合を視聴できるものではなく、週に数試合の配信になる可能性があるとも報じられている。

また、You Tubeが「YouTube Primetime Channels」のサービスを発表し、他のプラットフォームでのストリーミングサービスをYou Tube上で視聴できるようになったが、NBAリーグパスも近日中に対応(日本は不明)する予定だという。

さまざまなプラットフォームでNBAの試合を楽しめるようになるのはファンにとって大きなメリットがあることであり、NBAのグローバル化もさらに勢いを増すに違いない。

なお、以前からNBAとの提携を希望しているAmazonは、オーバーエリートの放映権を獲得したと報じられた。

オーバーエリートはNBAを目指す18~20歳の若者を対象に高校や大学に変わる選択肢として設立されたプロバスケットボールリーグであり、今後3年間は1年あたり20試合をアマゾンプライムで放映する予定だ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    楽天による独占などなければ地上波でも放送していたんだよな
    ネットの普及によりTVは廃れていくとか言う人が何故かいるけどパンデミック下もTVを見ない人は見る人よりも多いのか?それはおおよそどれほどの差なのか?など疑問があるよね
    一見最も重要な時期を逃したように思える

  2. By 匿名

    Wowowより楽天派だったけど
    チームチケットに続いてシングルチケットも廃止。
    ベースチケットはチーム偏りすぎ。
    さすがについていけない

    早く他が参入して欲しい

  3. By 匿名

    早く楽天以外で見られるようにしてほしい。

*

CAPTCHA