【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーンがレブロン・ジェイムスを大絶賛「2005年にNBA史上最高の選手になった」

ドレイモンド・グリーンがレブロン・ジェイムスを大絶賛「2005年にNBA史上最高の選手になった」

NBAオールスターのドレイモンド・グリーンレブロン・ジェイムスは、これまで何度も激しいバトルを繰り広げてきた。

だが、コート外のグリーンとジェイムスは大の仲良しであり、彼らは常に互いを称賛している。

グリーンは先日、GOATを議論した際にマイケル・ジョーダンではなくジェイムスをNBA史上最も偉大な選手として挙げたというが、再びジェイムスを大絶賛した模様。

グリーンによると、ジェイムスはキャリア2年目にはすでにNBA史上最高の選手になっていたという。グリーンのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

ブロンは2003年に(NBAキャリアを)スタートした。

ブロンは2005年までにNBA史上最高の選手になった。

2020年当時の彼もNBA史上最高の選手だった。

ゲームがどうなろうと、彼はNBA史上最高の選手なんだ。

2005年はスティーブ・ナッシュがMVPを受賞したシーズンであり、その他シャキール・オニールコービー・ブライアントティム・ダンカンダーク・ノビツキーなど偉大なNBAスターたちが活躍していた。

それにもかかわらず、ジェイムス「NBA史上最高の選手のひとり」ではなく、「NBA史上最高の選手」と断言したグリーン。

ジェイムスがキャリア通算得点でNBA史上首位になる可能性がある試合を「僕たちの試合を休んででも観戦しに行く」としたグリーンは、これからもジェイムス愛を語り続けることだろう。

【スポンサーリンク】

コメントを残す