【スポンサーリンク】

クレイ・トンプソンが逆転を許したディフェンスについて「恐ろしいミス」

クレイ・トンプソンが逆転を許したディフェンスについて「恐ろしいミス」

昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズは現地7日、ユタ・ジャズに奇跡的な逆転勝利を許してしまった。

ウォリアーズは試合残り11.9秒の時点で4点のリードを奪っていたものの、マリク・ビーズリーに1点差に迫られる3ポイントを決められると、タイムアウト明けのポゼッションをスティールされ、まさかの逆転負け。

クレイ・トンプソンによると、ビーズリーに3ポイントを許したのはトンプソンのミスだったという。

トンプソンはジャズ戦終盤を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

あのような素晴らしい瞬間を思い出させてくれてありがとう。

僕はただ眠ってしまっていた。

3ポイントシューターをしっかりマークするのではなく、ドライブしてきたボールハンドラーを見てしまった。

僕の恐ろしいミスだ。

この日のウォリアーズはNBAオールスターのステフィン・カリー、ドレイモンド・グリーン、アンドリュー・ウィギンス抜きで戦った。

偉大なスターター3人を欠いた中では健闘したと言えるだろうが、勝利のチャンスは逃したくなかったところだろう。

ウォリアーズが次に対戦するのは、昨季NBAファイナルで対戦したボストン・セルティックス。

2連敗を喫したウォリアーズは、フェニックス・サンズを圧倒したセルティックスに勝利し、勢いを取り戻したいところだ。

なお、トンプソンのジャズ戦のスタッツは以下の通りとなっている。

ジャズ戦
出場時間35:42
得点22
リバウンド2
アシスト3
スティール1
ブロックショット3
ターンオーバー2
FG成功率32.0%
(8/25)
3P成功率36.4%
(4/11)
フリースロー成功率100%
(2/2)
+/--7

【スポンサーリンク】

コメントを残す