【スポンサーリンク】

モンテ・モリスがナゲッツからウィザーズへのトレードを振り返り「ショックを受けた」

モンテ・モリスがナゲッツからウィザーズへのトレードを振り返り「ショックを受けた」

モンテ・モリスはNBAキャリア5シーズンをデンバー・ナゲッツで過ごした後、昨年夏のトレードでワシントン・ウィザーズに移籍した。

モリスはオフシーズン中にナゲッツのゼネラルマネージャーを務めるカルビン・ブースとディナーを楽しみ、その時に「君はどこにも行かない」と、トレードしないことを約束されたという。

それだけにモリスはトレードされたことに驚きを隠せなかったようだ。

モリスはトレードを振り返り、次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

確かにショックだった。

なぜなら、どこにも行かないと聞いていたからね。

だが、人をあてにしてはならないということを学んだ。

彼や他の誰かに恨みはないよ。

彼らが「トレードは成立した」と言った瞬間に、僕は個人的な考えを捨て去ったんだ。

これはビジネスさ。

モリスは昨季、ジャマール・マレー不在のナゲッツで先発ポイントガードに抜擢され、NBAキャリアベストのシーズンを送った。

だが、ブースGMは以前から狙っていたケンテイビアス・コールドウェル・ポープをトレードで獲得できるチャンスがあると知ると、モリスの放出に踏み切った。

モリスにはウィザーズで実績を残し、ナゲッツにトレードしたことを後悔させるNBA選手に成長してもらいたいところだ。

なお、モリスの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数26306
平均出場時間28.125.5
平均得点9.810.5
平均リバウンド3.3
(キャリアハイ)
2.4
平均アシスト5.2
(キャリアハイ)
3.8
平均スティール0.7
(キャリアワーストタイ)
0.8
平均ターンオーバー0.90.8
FG成功率45.5%
(キャリアワースト)
47.9%
3P成功率38.9%39.3%
フリースロー成功率74.1%
(キャリアワースト)
82.3%

【スポンサーリンク】

コメントを残す