【スポンサーリンク】

シャキール・オニールが絶不調のサンズについて「何かが起こっている」

シャキール・オニールが絶不調のサンズについて「何かが起こっている」

NBAオールスターのクリス・ポールとデビン・ブッカー擁するフェニックス・サンズは、今季のNBAチャンピオン最有力候補の1チームだ。

だが、現在21勝22敗、ウェスタン・カンファレンス7位と、NBAタイトルコンテンダーの強さを発揮することができていない。

その要因はポールやブッカーなど主力選手たちの相次ぐ負傷離脱だろうが、NBAレジェンドのシャキール・オニールによると、サンズ内で目に見えない何かが起こっているという。

オニールは古巣サンズについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

現時点において、彼らはチャンピオンシップコンテンダーではない。

彼らとゴールデンステイトには違いがある。

ウォリアーズは実験と指導を同時に行なっている。

実験とは「我々は若手全員にプレイさせる」ということだ。

だが、彼らはチャンピオンになる青写真を持っていることを忘れてはならない。

プレイオフになれば、若手たちは良い経験を積むだろう。

必要なのは、チームをリードできる男が1人もしくは2人いることだ。

彼らにはその男がいる。

彼らは彼らがやっていることを正確に把握している。

僕はフェニックスについてはよく分からない。

彼らが怖い。

彼らがまとまってくれたらと思うが、何かが起きているのだと思う。

ここ12試合で10敗を喫するなど、トンネルの出口が見えない状況が続いているサンズ。

今のサンズにはコートでチームをリードできる選手がおらず、まとまりが感じられないプレイを続けているように見えるが、サンズの選手たちが経験を積んでステップアップし、チーム力のアップにつながることを祈るばかりだ。

なお、サンズの今後10試合のスケジュールは以下の通りとなっている。

現地日付対戦チームホームorアウェイ
1/13ミネソタ・ティンバーウルブズアウェイ
1/16メンフィス・グリズリーズアウェイ
1/19ブルックリン・ネッツホーム
1/21インディアナ・ペイサーズホーム
1/22メンフィス・グリズリーズホーム
1/24シャーロット・ホーネッツホーム
1/26ダラス・マーベリックスホーム
1/28サンアントニオ・スパーズアウェイ
1/30トロント・ラプターズホーム
2/1アトランタ・ホークスホーム

【スポンサーリンク】

コメントを残す