【スポンサーリンク】

キャリア通算アシスト数でNBA歴代10位に浮上のラッセル・ウェストブルック「夢にも思わなかった」

キャリア通算アシスト数でNBA歴代10位に浮上のラッセル・ウェストブルック「夢にも思わなかった」

ロサンゼルス・レイカーズのラッセル・ウェストブルックは現地1月31日に行われたニューヨーク・ニックス戦で17得点、6リバウンド、8アシスト、3スティールの活躍を見せ、チームの勝利に貢献した。

ウェストブルックはこの日、キャリア通算アシスト数でゲイリー・ペイトンを抜き、NBA歴代10位に浮上。

試合後に偉業達成について質問されたウェストブルックは、次のようにコメントしたという。lakersnation.comが伝えている。

リーグに来た時から、僕はこのゲームのことを何ひとつとして当たり前とは思っていない。

僕はすごく恵まれている。

コートに出て戦えることに感謝している。

僕がチートすることは絶対にない。

毎晩コートに出て戦い、僕に託されたことならどんなことにでも取り組む。

それが僕の仕事さ。

ただ、昔の自分のことを思うと、すごく意味があることだ。

15年前に誰かが僕に「君はアシストで歴代10位になる」と言っていたら、僕は彼らのことをクレイジーな目で見ていただろうね。

偉大な選手たちと肩を並べることができるなんて、夢にも思わなかった。

最高のレベルでプレイできる機会を得られていることに、本当に感謝している。

当たり前のこととは思っていない。

この日はレブロン・ジェイムスもキャリア通算アシスト数で順位を上げ、歴代4位に浮上。

現役NBA選手でトップ10に入っているのは、ジェイムス、ウェストブルック、クリス・ポールのみだ。

ウェストブルックにはトレードの噂が再浮上しているものの、これからもチームメイトたちを助けるべく全力プレイを見せてくれるに違いない。

なお、キャリア通算アシスト数のNBA歴代トップ10選手は以下の通りとなっている。

順位選手試合数アシスト数
1ジョン・ストックトン150415806
2ジェイソン・キッド139112091
3クリス・ポール118611246
4レブロン・ジェイムス140710338
5スティーブ・ナッシュ121710335
6マーク・ジャクソン129610334
7マジック・ジョンソン90610141
8オスカー・ロバートソン10409887
9アイザイア・トーマス9799061
10ラッセル・ウェストブルック10708980

【スポンサーリンク】

コメントを残す