【スポンサーリンク】

ケビン・デュラントがネイト・ロビンソンのいたずらによりジェイムス・ハーデンがキレた過去を明かす「彼が怒る理由も分かる」

ケビン・デュラントがネイト・ロビンソンのいたずらによりジェイムス・ハーデンがキレた過去を明かす「彼が怒る理由も分かる」

元NBA選手のネイト・ロビンソンは、小柄ながらも高い身体能力を誇り、ファンを魅了したひとりだ。

その一方で、オフ・ザ・コートのロビンソンはいたずら好きとしても知られていた。

NBAオールスターのケビン・デュラントも、ロビンソンのいたずらを楽しんでいたのかもしれない。

デュラントによると、彼らがオクラホマシティ・サンダーでチームメイトだった当時、ロビンソンのあるいたずらによってジェイムス・ハーデンが激怒したことがあったという。デュラントのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

ジェイムスがすごく怒り狂った時のことを覚えている。

当時、チームにはネイト・ロビンソンがいた。

ジェイムスはエリック・メイナーといつもつるんでいたものだ。

ある日の練習での出来事だ。

僕たち全員が練習に参加するはずだったが、僕たちはネイトがいないことを不思議に思っていた。

ネイトはジェイムスの車に乗り込み、彼の車を運転し、角を曲がり、洗車場に停めた。

彼はそのことを誰にも言わなかった。

ただ洗車場に車を停めた。

彼はボンネットか何かの上に乗って写真を撮っていたんだ。

僕たちがロッカールームに入った時、ジェイムスが「僕の鍵はどこ?」と言い始めた。

そして怒りがこみ上げ、ネイトと喧嘩しそうな勢いだった。

本当に怒っていた。

何かを勝手に持ち出されてイライラすることってあるよね。

ネイトがチームに来てから揉めたのは、それが初めてだった。

ジェイムスが怒っていた理由も分かるよ。

ロビンソンは2010-11シーズン中にサンダーに加わったものの、レギュラーシーズン4試合、NBAプレイオフ3試合の出場にとどまり、その後ウェイブされた。

もしロビンソンがサンダーに残留していれば、ロビンソンはその翌シーズンもサンダーの選手たちにいたずらを仕掛けて楽しんだに違いない。

【スポンサーリンク】

コメントを残す