【スポンサーリンク】

“ホワイト・マジック” トニー・クーコッチ

シカゴ・ブルズが最後にスリーピートを果たした時代、、マイケル・ジョーダン、スコッティ・ピッペン、デニス・ロッドマンの3選手が象徴的存在として語られている。

しかし、忘れてはならないのが、トニー・クーコッチだ。

208cmという体格ながらも、柔らかなシュートタッチと卓越したパス技術を有していたクーコッチは、ユーロリーグで活躍。
1990年の世界選手権ではMVPに選ばれるなど、輝かしい実績を引っさげて1993-94シーズンからシカゴ・ブルズでプレイ。
当時のブルズは最初のスリーピートを達成した直後であり、ちょうどジョーダンが一度目の引退を発表したあとだった。

決してスピードがあったわけではないが、ヨーロッパ選手独特の柔らかなプレイ、そして恵まれた体格で時にはポストプレイで得点を重ねること。
チームの主力として活躍していたものの、1995-96シーズンにはジョーダンの復帰、さらにはデニス・ロッドマンを獲得したことにより、シックスマンとして起用されるようになる。
しかし、ベンチ選手とは思えない活躍ぶりで、クーコッチはシックスマン・オブ・ザ・イヤーを受賞。
ブルズ2度目となるスリーピートに大きく貢献したプレイヤーだといえるだろう。

T・クーコッチ ハイライトムービー①

ジョーダン、ピッペン、ロッドマンがチームを去ったあと、クーコッチはスタメンとしてチームを牽引するものの、1999-2000にはフィラデルフィア・セブンティシクサーズ、2000-01シーズンにはアトランタ・ホークスで主力選手としてプレイ。

2002-03シーズンにはミルウォーキー・バックスに移籍するものの、全盛期のような活躍をみせることができず、2006年に現役引退を表明した。

T・クーコッチ ハイライトムービー②

トニー・クーコッチ キャリアスタッツ
  • 平均11.6得点
  • 平均3.7アシスト
  • 平均4.2リバウンド
  • FG成功率44.7%
  • 3P成功率33.5%
  • オールルーキー・セカンドチーム(1993-94シーズン)
  • シックスマン・オブ・ザ・イヤー(1995-96シーズン)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA