【スポンサーリンク】

若手にフラストレーションを感じるタディアス・ヤング

タディアス・ヤング

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのベテランフォワード、タディアス・ヤングが、チームの若手にフラストレーションを感じているようだ。

「若手の中には何も分かってないヤツがいるんだ。若手と一緒にプレイするとき、フラストレーションがマックスになるよ」

「俺はこれまでNBAで4-5年プレイしているベテランたちと一緒に戦ってきた。今は1-2年目の若手が増えてきてるけど、名を挙げるためにプレイしてるだdけなんだ」

ヤングの言葉は、若手がセルフィッシュなプレイに走っているということを暗に示している。

今季序盤は好調を維持していたシクサーズだが、ルーキーのマイケル・カーター・ウィリアムス離脱後、チームの勢いは急低下。

ここ10試合わずか1勝しか挙げておらず、イースタン・カンファレンス14位まで順位を落としてしまった。

ここ最近のシクサーズで先発出場しているのは、4年目のエバン・ターナー、2年目のトニー・ローテン、ルーキーのホリス・トンプソン、7年目のスペンサー・ホーズ、そしてホーズと同じく7年目のヤング。

若手中心に構成されたシクサーズは、先日の対ブルックリン・ネッツ戦で94-130という屈辱的な大敗を喫している。

対ネッツ戦 ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA