【スポンサーリンク】

フィル・ジャクソン球団社長 トレードの理由について語る

フィル・ジャクソン

ニューヨーク・ニックスは先日、クリーヴランド・キャバリアーズ、オクラホマシティ・サンダーとのトレードでJR・スミスとイマン・シャンパートを放出した。

オフにトレードで獲得したサミュエル・ダレンベアーを解雇すると、3チーム間トレードで獲得したばかりのランス・トーマス、ルー・アマンドソン、アレックス・カークを解雇するなど、ここのところのニックスは活発に動いている。

そんな中、スミスとシャンパートのトレードについニックスの球団社長を務めるフィル・ジャクソンがコメントした模様。newsday.comがジャクソンのコメントを伝えている。

 

「今シーズンを通して、我々が希望しているスタイルにフィットする選手を探し続けるだろう。我々は、競争力の改善を強く希望してるんだ。それに加え、今回のトレードでロスターに柔軟性を持たせることができるし、将来へ向けてサラリーキャップが生まれるからね」

一方、今季からニックスを指揮しているデレック・フィッシャーは、こうコメント。

 

「フィルはニューヨーク・ニックスの文化を変化させるため、その方法を探してるんだと思う」

現在、ニックスは5勝32でイースタン・カンファレンス最下位。
フィラデルフィア・セブンティシクサーズにも追い越されてしまい、最悪のシーズンを送っている。

トライアングルオフェンスを導入して1シーズン目、カーメロ・アンソニーの負傷離脱、経験がないフィッシャーのHC就任など、勝利できない理由は数多くあるが、ニックスのファンが現状に納得することはないだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA