サンズ スティーブ・ナッシュに栄誉のリングを授与

【スポンサーリンク】

このオフに現役引退を表明したスティーブ・ナッシュに、フェニックス・サンズが栄誉のリングを授与することを決定した模様。サンズが公式ホームページで発表している。

サンズではこれまでチャールズ・バークレー、トム・チェンバース、ケビン・ジョンソン、ダン・マーリーなど13選手に栄誉のリングを授与しており、ナッシュは14人目のレジェンドとして名を連ねることとなる。

なお、栄誉のリングの授与式は日本時間10月31日に行われる対ポートランド・トレイルブレイザーズ戦のハーフタイム中に執り行われる予定だ。

2度のMVP受賞を誇るナッシュは、1996年のドラフト15位指名でサンズに入団すると、2シーズンをサンズでプレイした後にダラス・マーベリックスへ移籍。
2004-05シーズンからサンズに復帰し、司令塔としてチームを牽引した。

2004-05シーズンと2005-06シーズンにはMVPを受賞。
オールスターに8度選出、オールNBAファーストチームに3度選出、平均アシスト数でリーグ首位となる数字を5度記録し、一時代を築き上げた。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ググリオッタ

    当然ですね
    近い将来戻ってきてください
    HCとして

  2. By マルショウ

    やっぱナッシュはサンズのユニフォームが一番似合いますね!サンズに居たときのナッシュは確かにレジェンドでした!

*

CAPTCHA