リハビリ中のラマー・オドム 自身の名前を忘れる

【スポンサーリンク】

意識不明の状態で病院に搬送されたラマー・オドム。

一時は生命が危険にさらされるも、その後は奇跡的に意識を取り戻し、現在もリハビリを続けている。

だが、リハビリは順調に進んでいないようだ。

etonline.comによると、オドム氏はまだはっきり言葉を発することができず、かろうじてひとりで歩ける状態だという。

また、これまで親しくしてきた多くの人々の名前を忘れたうえ、自分自身の名前も時折忘れてしまうことがある模様。

医師は「オドムが通常生活に復帰できる可能性はないだろう」と話したともされており、深刻な状況に陥っていることが伺える。

今後もリハビリを続けていくだろうが、状態が今以上悪化せず、願わくば通常生活に復帰できることを祈りたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA