コービー・ブライアント「NBAでは二度とプレイしない」

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアントが20年にも及ぶ現役生活にピリオドを打った。

現役最終戦となるユタ・ジャズ戦では60得点をあげるパフォーマンスを見せ、逆転勝利に貢献。

チームメイトたちはブライアントにいつもよりボールを集め、ブライアントはその期待に応えてみせた。

ブライアントは自身のキャリアを振り返り、次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「誰も傷つけないことを望んでた。キャリアは憎しみによって進んでいくんだ。俺にとっては必要だったのさ」

「おかしな年だったね。悪役からヒートになった。パスしろって言ってた人たちがシュートを打てに変わったんだから。ほんとに忘れられない瞬間だったよ。最高にクールなのは、俺の子供たちにかつてのようなプレイを見てもらえたってこと」

「NBAのゲームでは二度とプレイしないだろうね」

ブライアントの最後のパフォーマンスを見るため、ファンのみならず多くの元レイカーが集結した。

アメリカ国内の“お別れツアー”はこれで終了したと言えるが、世界へ向けたお別れツアーも期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

関連コンテンツ

*

CAPTCHA