【スポンサーリンク】

ケビン・ガーネット ブルズの混乱を受け「ロッカールームは神聖な場所」

シカゴ・ブルズのロッカールームに混乱が生じている。

このきっかけとなったのが、ドウェイン・ウェイドとジミー・バトラーの若手批判とも捉えられる発言と、ラジョン・ロンドが「問題があるとすれば、それはリーダーシップだ」という発言だ。

ロンドはボストン・セルティックス時代を振り返り「ベテランたちはメディアに明かしたりしなかった。彼らはチームに伝えた」、「ベテランたちは数字を気にしなかった。ベテランたちーはチームのためにプレイした。俺たちが負けた時も彼らは批判しなかった」などと発言したが、この発言を受け、セルティックスでロンドと共にプレイしたケビン・ガーネットは次のようにコメント。TNTが伝えている。

「彼ら(ブルズ)はロッカールームにトラブルを抱えてるようだね。ロッカールームは神聖な場所である必要がある。もし結果を求めるなら、俺はプレイヤーとして君たちのところに行く。チームメイトとして君たちのところに行く。そして懸念を伝える。それから俺たちは問題の解決を目指して努力するんだ」

元チームメイトであるロンドをかばっての発言だろう。

一方で、ウェイドとバトラーへのアドバイスとも捉えられる。

ブルズは緊急ミーティングを開催し、それぞれのプレイヤーが自身の考えを明かしたというが、この困難を乗り越え、再び強いブルズを取り戻してほしい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA