【スポンサーリンク】

チェイス・バディンガー ビーチバレーで金メダル獲得を狙う

元NBAプレイヤーのチェイス・バディンガーが、競技を変えて東京オリンピック出場を狙い、金メダル獲得を目指すようだ。

TMZによると、高校時代にバレーボールのナンバーワンプレイヤーとして活躍していたバディンガーがビーチバレーボールプレイヤーとして復帰し、2020年東京オリンピック出場、そして金メダル獲得を目指すことを明かしたという。

タッグを組むのは、2度のオリンピック出場を誇り、“スーパーマン”のニックネームで知られるショーン・ローゼンタル。

スラムダンクコンテスト出場経験のあるバディンガーには、ローゼンタルと共に東京で雄姿を見せてもらいたいところだ。

なお、バディンガーはNBAキャリア7シーズンを通してヒューストン・ロケッツ、ミネソタ・ティンバーウルブズ、インディアナ・ペイサーズ、フェニックス・サンズで通算407試合にし、平均19.7分のプレイで7.9得点、3.0リバウンド、1.2アシスト、FG成功率43.0%、3P成功率35.2%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA