ペイサーズ リッキー・ルビオ獲得を狙う?

【スポンサーリンク】

ユタ・ジャズのベテランポイントガード、リッキー・ルビオは、間もなくFAになる。

ポイントガードのポジション強化を求めているチームは多く、ルビオには複数のチームからオファーが届くであろう。

インディアナ・ペイサーズもそのうちのひとつになるかもしれない。

clutchpoints.comによると、ペイサーズは新たな司令塔としてルビオ獲得を狙うという。



ダレン・コリソンとコリー・ジョセフは間もなくFAになる。

彼らと再契約を結ぶ可能性も否定できないが、ルビオを獲得できればビクター・オラディポの良き相棒となるだろう。

なお、ペイサーズはマイク・コンリー、およびディアンジェロ・ラッセルにも興味を持っていると噂されている。

2018-19シーズンのルビオはレギュラーシーズン68試合に出場し、平均27.9分のプレイで12.7得点、3.6リバウンド、6.1アシスト、1.3スティール、FG成功率40.4%、3P成功率31.1%を記録。

プレイオフでは5試合に出場し、平均33.6分のプレイで15.4得点、3.2リバウンド、8.6アシスト、2.4スティール、FG成功率42.4%、3P成功率20.0%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA